自分に合った職場

公式サイト

自分に合った職場

看護士と一概に言っても、働く場所は病院だけではありません。また病院と言っても、大きな大学病院から個人経営のクリニックなど、様々な病院があります。

 

まず自分のライフスタイルを考え、無理なく働ける場所を探すことが第一です。ここで看護士が働ける場所を、再度考えてみましょう。まず入院施設などがある病院です。このような大きな病院の場合、様々な選択肢が出てきます。

 

どの病棟に行くのか、外来・救急・オペ室などの配属場所によっては、求められるスキルも違ってきます。特に救急の場合には夜勤などもありますから、自分が無理なく働けるのかも大事なポイントとなりますよね。

 

また医師や看護師などの同僚以外にも、患者さんの家族や関係者の方とも接する事になりますから、社会人としてスキルもとても重要なポイントです。病院以外でも看護士さんを求めている場所があります。それは老人介護施設です。

 

高齢者社会となった現代では、老人介護施設の数も沢山増えてきています。大きな介護施設では、専属の看護士を配置しているところも沢山あり、現在最もニーズの高い職場となっているのです。

 

ただ老人介護施設は、老人の下のお世話や徘徊などもありますから、施設スタッフとの協力しあって看護業務を行わなければなりません。

 

これは簡単なことのようですが、介護スタッフと看護士という職種の違いから意見の食い違いが多いようです。施設入居者の日々の健康管理がメインのお仕事ですが、一人一人とのコミュニケーションが取れれば、やりがいのあるお仕事なのではないでしょうか。